FC2ブログ

会計監査人の登記

6月後半は、株主総会が集中する時期ですね。


ところで、会計監査人を設置されている会社につきましては、

会計監査人の任期は、原則、毎年行われる定時株主総会の集結の時までとされております。

(つまり任期はおおよそ1年)


そして、会計監査人については、重任(再任)の場合、

定時株主総会では別段の決議がなくとも、重任したものとみなされる規定があります。

(会社法第338条第2項)


そこで、会計監査人に変更がない場合には、

定時株主総会の議案とする必要がないわけですが、

こういった場合に、会計監査人の重任登記を失念されていることが散見されます。

特に取締役の任期を2年と設定されている場合に、

取締役の選任時期ではない定時株主総会の際に、

このようなケースが見受けられます。


念のため、再度のご確認をいただければ幸いです。


相続・遺言・登記などのご相談は、
横浜・品川の司法書士法人齋藤渉事務所まで。
http://w3110.jp/
スポンサーサイト

相続サイト作成中

当事務所の相続サイトを試作中です。

今後もコンテンツを充実していこうと考えております。


https://w3110souzoku.jimdo.com/