FC2ブログ

貸金業者の不法行為

品川オフィスの佐藤です。


過払金の返還請求訴訟を提起し、判決を取得すると、

貸金業者によっては代理人を無視して、

直接、依頼者本人の預金口座へ振込みをしたり、

返金分の郵便為替を自宅に送りつけたりすることがあります。


本人に何も連絡が無く、突然このような方法を取るので、

家族に内緒で、代理人に依頼されている方などは、

貸金業者に対し、非常に憤慨されることが多いです。


このような貸金業者の行為が不法行為に該当するという判決が

先日なされたようです。

(参照)名古屋消費者信用問題研究会のHPに記載されている

    平成24年11月20日宮崎簡易裁判所の判決


今後の動向を注目したいと思います。


債務整理・少額訴訟・裁判書類の作成のご依頼は、
横浜・品川の「司法書士法人齋藤渉事務所」まで。
http://w3110.jp/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する